当院は戸田中央医科グループ(TMG)の病院です。詳細はこちらをご覧ください。
通所リハビリからのお報せ

通所リハビリテーション

  • 概要
  • ご利用の流れ
  • サービス提供地域
  • 利用料
  • 営業時間
  • お問合せ
  • 理学療法士(PT)、作業療法士(OT)、言語聴覚士(ST)が利用者様1人1人につき、自立した在宅生活への復帰と維持(日常・社会生活の活動・参加)に向け、個別性の高いリハビリを提供致します。リハビリを受けられたことのない方でも、担当セラピストと相談しながら自身に合った運動や動作の練習が行えますので安心してご利用いただけます。より充実した生活が営めるようにお手伝いさせて頂きます。

    通所リハビリテーションの内容

    • 寝返り、起き上がり、立ち上がり、歩行などの基本動作の練習
    • トイレ、入浴、更衣などの日常生活動作の練習
    • 調理、洗濯、掃除などの家事動作の練習・提案
    • 買い物や外出などの動作方法の相談・提案
    • 家庭菜園や旅行などの趣味・余暇活動の相談・提案
    • 誤嚥性肺炎予防の口腔機能向上リハビリ
    • コミュニケーションの練習・代用手段の検討
    • 体重減少者に対し管理栄養士による栄養改善指導
    • 転倒予防身体作りのエクササイズ
    • リハビリマシーンを使用しての基礎筋力・体力強化の練習
    • 福祉用具や住宅改修の相談・提案
    • ご自宅で行える運動や生活動作の指導

    当事業所の特徴

    • 1時間30分の短時間で集中的なリハビリを提供しております。
    • 茂原市を中心にご自宅と病院の間を送迎しております。
    • 専任の療法士(PT・OT・ST)が多数在籍しております。
    • 定期的にリハビリ担当医とリハビリテーション会議を実施し、情報の共有を行っております。

    ご利用頂ける方

    • 医師に通所リハビリテーションが必要とされた方
    • 介護保険法により、要支援・介護と認定された方
  • ご利用に必要な書類

    ①介護保険証
    ②介護保険負担割合証
    ③かかりつけ医からの診療情報提供書
    (当院がかかりつけの場合は不要)
    ①新規依頼書
    ②フェイスシート
    ③ケアプラン(現状のもの)

    ※新規依頼書ダウンロード »

  • 茂原市、白子町、長柄町、長南町、睦沢町、長生村、一宮町

  • 介護保険給付による自己負担額:左側1割負担 右側2割負担

    1時間以上2時間未満(平成30年4月1日現在)

    介護予防通所リハビリテーション(予防)
    要支援1 1,712円(1ヶ月につき) 3,424円(1ヶ月につき)
    要支援2 3,615円(1ヶ月につき) 7,230円(1ヶ月につき)
    加算 運動機能向上(月に1回) 225円/月 450円/月
    口腔機能向上(月に1回) 150円/月 300円/月
    栄養改善(月に1回) 150円/月 300円/月
    選択的サービス複合実施(Ⅰ) 480円/月 960円/月
    選択的サービス複合実施(Ⅱ) 700円/月 1,400円/月
    事業所評価(月に1回) 120円/月 240円/月
    リハビリテーションマネジメント 330円/月 660円/月
    サービス提供体制強化(Ⅱ) 要支援1 24円/月 48円/月
    サービス提供体制強化(Ⅱ) 要支援2 48円/月 96円/月
    通所リハビリテーション(介護)
    要介護1 329円(1日につき) 658円(1日につき)
    要介護2 358円(1日につき) 716円(1日につき)
    要介護3 388円(1日につき) 776円(1日につき)
    要介護4 417円(1日につき) 834円(1日につき)
    要介護5 448円(1日につき) 896円(1日につき)
    加算 口腔機能向上(月2回まで) 150円(1回) 300円(1回)
    栄養改善(月2回まで) 150円(1回) 300円(1回)
    理学療法士体制強化 30円/日 60円/日
    リハビリテーションマネジメント(Ⅰ) 330円/月 660円/月
    リハビリテーションマネジメント(Ⅱ)
    開始月から6ヶ月以内
    開始月から6ヶ月超

    850円/月
    530円/月

    1,700円/月
    1,060円/月
    リハビリテーションマネジメント(Ⅲ)
    開始月から6ヶ月以内
    開始月から6ヶ月超

    1,120円/月
     800円/月

    2,240円/月
    1,600円/月
    リハビリテーションマネジメント(Ⅳ)
    開始月から6ヶ月以内
    開始月から6ヶ月超

    1,220円/月
     900円/月

    2,440円/月
    1,800円/月
    短期集中個別リハビリテーション実施 110円/日 220円/日
    サービス提供体制強化(Ⅱ) 6円/日 12円/日
    送迎を利用しない場合(減額) 47円/片道 94円/片道

    ※地域区分によって上記料金から6%上乗せになります。(平成30年4月1日現在)

    介護保険給付外サービス(平成30年4月1日現在)

    • おむつ代
      おむつを使用される方は、おむつ代の実費が必要になります。
      紙おむつ(M/Lサイズ) 1枚 270円(税込)
      尿取りパット 1枚 194円(税込)
      リハビリパンツ(紙パンツ) 1枚 270円(税込)
      リハビリパンツ用パッド 1枚 108円(税込)
    • 検査・評価料
      あたまの健康チェック 2,700円(税込)
    • その他
      通所リハビリで個人向けに用意するものを御利用する場合にお支払い頂きます。

    加算について

    介護予防通所リハビリテーション(予防)
    選択的サービス 運動機能向上加算 利用者の運動機能の向上を目的として個別的に運動機能向上サービスを実施した場合
    (1ヶ月に1回)
    口腔機能向上加算 利用者の口腔機能の向上を目的として、個別的に口腔機能向上サービスを実施した場合
    (1ヶ月に1回)
    栄養改善加算 利用者の低栄養状態の改善等を目的として、個別的に栄養改善サービスを実施した場合
    (1ヶ月に1回)
    選択的サービス複合実施加算(Ⅰ) 上記の選択的サービスのうち2種類を選択した場合
    選択的サービス複合実施加算(Ⅱ) 上記の選択的サービスのうち3種類を選択した場合
    事業所評価加算 選択的サービスを算定基準以上提供した場合
    (1ヶ月に1回)
    リハビリテーション
    マネジメント加算
    医師が通所リハビリテーションの実施にあたり、留意事項、中止基準や負荷量などの指示、3月以上の継続が必要と判断される場合には必要な理由、次のサービスへの移行の見通しの記載を行った場合
    サービス提供体制強化(Ⅱ) 通所リハビリテーションを利用者に直接提供する職員の総数のうち、勤続年数三年以上の者の占める割合が百分の三十以上である場合
    通所リハビリテーション(介護)
    口腔機能向上加算 口腔機能向上サービスを行なった場合
    (月2回まで)
    栄養改善加算 栄養改善サービスを行なった場合
    (月2回まで)
    理学療法士体制強化加算 常勤かつ専従の理学療法士等を2名以上配置している場合
    リハビリテーション 利用開始日から1月以内に居宅を訪問し、診療、運動機能検査、作業能力検査等を実施してリハビリテーション計画を作成。定期的な見直しを実施した場合
    マネジメント加算(Ⅰ)
    リハビリテーション 利用開始から6カ月以内は1月に1回以上、6カ月を超えた場合には3月に1回以上リハビリテーション会議を開催し、積極的な情報共有を行い、リハビリテーションの計画や見直しの説明を理学療法士等が実施した場合
    マネジメント加算(Ⅱ)
    リハビリテーション 上記の内容の説明を医師が実施した場合
    マネジメント加算(Ⅲ)
    リハビリテーション リハビリテーションマネジメント加算(Ⅲ)の項目に加え、データシステム(VISIT)を用いて厚生労働省に提出し、評価を得ている場合
    マネジメント加算(Ⅳ)
    短期集中個別リハビリテーション実施加算 退院(所)日又は新たに要介護認定を受けた日から
    3ヶ月以内に個別リハビリテーションを週2回以上1回40分提供した場合
    サービス提供体制強化(Ⅱ) 通所リハビリテーションを利用者に直接提供する職員の総数のうち、勤続年数三年以上の者の占める割合が百分の三十以上である場合
    送迎車を利用しない場合 送迎車を利用しない場合は、片道47円の減算となる

    検査について

    あたまの健康チェック 軽度認知障害を調べる検査
    20分程の時間で97%の精度
    半年から1年に1回実施する場合
  • 月~金曜日 午前9時~午後5時(お昼休憩あり)
    休業日/土・日曜・祝日・年末年始(12/30~1/3)
  • 茂原中央病院 通所リハビリテーション


    担当:吹野(フキノ)

  • リハビリテーションの内容

    • 口腔機能向上リハビリ

      こんなこと、ありませんか?

      • お茶や汁ものでむせることがある
      • 口の渇きが気になる
      • 半年前に比べて硬い物が食べにくくなった
      • この中で二つ以上に思い当たる方は・・・
        誤嚥の危険性が高くなっている可能性があります。

      ※誤嚥性肺炎とは?
      誤嚥(ごえん)とは、口の中や胃の中のものが誤って気管に入ることです。
      人間の喉の奥には、食道と気管を分岐している場所がありますが、この分岐点には気管のふたがあり、食べ物や液体が気管に入らない働きをしています。
      誤嚥性肺炎は、病気や加齢などによって、この働きが弱ってしまい、食べ物や唾液などの液体が誤って気管へ入ることで、口の中の細菌もいっしょに肺に入って起こる肺炎です。

      • 言語療法士による口腔機能向上サービスの提供が行えます。
        他にも、口のことや話すこと等にお悩みのある方はご相談下さい。

      栄養改善指導

      • BMIが18.5%未満
      • 半年で2~3kgの体重減少がある(3%以上)
      • 血清アルブミン値が3.5g/dl以下
      • 最近食欲がなく、食事が摂れなくなってきた(75%以下)
      • この中で一つ以上に思い当たる方は・・・
        低栄養状態になっている可能性があります。

      低栄養状態にある利用者様、又はそのおそれのある利用者様に対して、栄養状態の改善を図ることを目的として利用者様一人ひとりに栄養に関する食事相談などの栄養管理を行います。利用者様の心身状態の維持を含め、栄養改善に向けたサービスです。

      ※低栄養とは?
      低栄養とは、健康に生きるために必要な量の栄養素が摂れていない状態のことを言います。
      一般的に高齢になると、食事量の減少や食事に偏りが生じやすくなり、カロリーあるいは必須栄養素が不足しがちになります。低栄養は通常、主にカロリーの不足(全般的な食物摂取不足)またはタンパク質の不足と考えられています。
      低栄養になると免疫力が低下しやすく、認知機能の低下、骨量の減少、気力の減退など様々な症状を引き起こしやすくなります。
      エネルギーの源が少なくなると、筋力・体力も弱くなり、活動性の低下から寝たきりの悪循環が生じやすくなります。悪循環を断ち切るためにも低栄養状態から抜け出す手立てを早急に見つけ出しましょう。

      • 管理栄養士による栄養改善サービスの提供が行えます。
        栄養状態にお悩みのある方はご相談下さい。

      エクササイズ!!~茂原中央病院 通所リハビリ オリジナル~

      『エクササイズ』では筋力やバランス能力を強化する事ができます。
      『エクササイズ』は3つのメニューで構成されています。

      • 筋力エクササイズ
      • バランスエクササイズ
      • イスでのエクササイズ

      担当セラピストが利用者様の身体機能や症状に合わせて適切なメニューを選びますので、能力に合ったトレーニングが行えます。
      実際にセラピストが『エクササイズ』の指導に当たりますので、正しい姿勢で効果的な運動が行えます。正しい運動方法を覚えて頂き、自宅でも自主トレーニングとして行えるよう丁寧に指導致します。


      リハビリマシーン

      全15台のリハビリ機器があり、スタッフが見守りの元、基礎体力や筋力強化が行えます。

      <マシンの種類>

      手・足の筋力強化

      • ローイング
      • レッグプレス
      • レッグエクステンション

      基礎体力、心肺機能の強化
      • エルゴメーター
      • バイオステップ

      柔軟性の改善
      • ホグレル各種

      その他:メドマー、渦流浴、ストレッチベンチ等
      担当のセラピストが利用者様の能力を評価し、その方に合ったマシンを選択していきます

  • 地域を対象とした活動

    • 市民向け講習会(ロコモ教室)

      地域における当事業所としての役割として健康予防サービスによる取り組みを行っています。40歳以上の地域住民を対象にロコモティブシンドロームについての知識を深めたり、健康チェックやロコモ体操指導などを年1回程度実施しています。

      地域の皆さんと一緒に身体を動かす事の大切さを共有しました!

      地域連携研修会

      地域の事業所との連携を深めるために当院訪問・通所リハビリスタッフが主催し、年1回の地域連携研修会を実施しております。「高齢者の摂食・嚥下」や「生活機能向上に向けた連携」などのテーマを毎回設定し、多くの介護支援専門員や介護士にご参加いただいております。

      食べやすい姿勢や食形態について伝達し、リハビリスタッフだけでなく、管理栄養士にも協力してもらいました。

      実際に食べてもらい舌触りやのど越しを体験しました。

      毎回テーマは異なりますが内容は盛りだくさんです!
      多職種が集まるため、貴重な情報共有の場となっています。